法人向け ヘルス×ライフ - ヘルスケアソリューション

法人向け ヘルス×ライフ - ヘルスケアソリューション

CONCEPT

HRMデータ、健診データ、ストレスチェックデータ、生活ログデータの統合管理、統合分析で生活習慣病改善、健康経営。

  • 2040年には、我が国の65歳以上の人口は全人口の3割に達します。また、国民医療費は、2011年度に38兆円を突破しており、2025年度には60兆円に達する見込みといわれています。
  • 国として、ストレスチェック制度、働き方改革、長時間労働抑制政策のような政策が次々と打ち出されています。
  • アベノミクス第三の矢である成長戦略の中でも「健康寿命の延伸」の重要性が盛り込まれています。
    「国民の健康増進」「医療費の削減」「新産業の創出」を同時に実現することを目標としています。
  • 国の施策を実現するには、行政のみならず企業と従業員、自治体と住民が一体となることが重要になってきています。

ヘルス×ライフ健康経営実践、住民健康実践ソリューション

企業の業績向上基本モデル
HRMとは、組織のビジョンや経営目標の達成に向けて、人材の獲得、活用、育成、管理などを中長期的視点から戦略的に行っていこうとする考え方
人的資源の最大化
就業・人事・給与の各ソリューションを統合データベースとしてまとめて見える化し、分析することで人的資源を最大化する
健康経営による生産性向上
心身ともに充実した従業員がいきいきと働く活力ある職場を実現し、従業員一人一人の生産性、そして職場全体の生産性を高める
ワークライフバランスの推進
ワークライフバランスを推進する労務環境を構築するとともに従業員の心と体の維持増進を促し従業員一人一人の生活の質の向上を目指す

ビッグデータによる疾病の予防

企業の業績向上と従業員の生活の質の向上の両立

企業の業績向上基本モデル

ヘルス×ライフクラウドサービスプラットフォーム

ヘルス×ライフ クラウドサービスプラットフォーム
  • 健康経営は、企業が従業員の健康データをシステム管理し、戦略的な労務環境改善を実践するとともに従業員自らが健康データをとらえ、生活改善に取り組み、健康増進することにより実現します
  • 自治体住民の健康増進は、国保連合が保有する健康データをシステム管理し、住民自らが健康データを捉え、生活改善に取り組み、健康増進のサービスを自治体が提供することにより実現します

健康情報データ活用による健康経営取組みサイクル

健康経営とは、「企業が従業員の健康に配慮することによって、経営面においても大きな成果が期待できる」との考え方によって、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に労務環境改善を実践することで、生産性の向上、従業員の健康と創造性の向上、企業イメージの向上等の効果が得られます。

ヘルス×ライフ 企業向けソリューション

①心のケア
ストレスチェックソリューション

メンタル不調を未然防止するための継続的な仕組みであるストレスチェック。
心の健康増進で従業員一人ひとりが生き生きと活動し、企業全体の働き方改革によって生産性向上を実現。
  1. ストレスチェック受検

    23項目、57項目、80項目、120項目の調査票をPC・スマートフォンで受検することができます。

  2. 過去のストレスチェックの受検結果の推移

    各評価項目ごとのストレスチェック結果を経年で管理し、対策・改善を行うことができます。

  3. 組織分析

    組織別、職位別、男女別、年代別等で自社内の比較・分析し、対策・改善を行うことができます。

  4. ビッグデータ分析

    組織別、職位別、属性別、年代別等で他社との傾向データを比較・分析可能で、同業他社比較から対策・改善を行うことが出来ます。

②体のケア
健康増進ソリューション

健診結果データを基に健康リスクを把握し、従業員と組織で予防活動を行う生活習慣病予防ソリューション。
健康増進で従業員一人ひとりの健康増進により生産性を向上、企業全体の生産性を向上させる働き方改革の実現します。
  1. 健診結果

    過去受診済み(5~10年)の健診結果データの一括取り込み、管理することができます。

  2. 定期健康診断結果判定

    健診結果データに応じて企業の産業医・保健師による健康管理アドバイスが確認できます。

  3. 健康リスク アラート

    健診結果に応じてリスクの説明と健康提案を行います。生活習慣目標の設定から対策・改善を行うことができます。

  4. 時系列表示

    時系列でデータ表示。判定基準は人間ドック学会ほか自社基準など10ランク以上を設定できます。

  5. 生活習慣病関連項目表示

    健診結果データから生活習慣病に対する状態の推移が確認でき、対策・改善を行うことができます。

  6. 集団分析

    健診結果から自社内の比較・分析ができ、対策・改善を行うことができます。

  • ③仕事のケア
  • 労務環境情報+ストレスチェックデータと健診データにより相関状態を分析&対処。
    産業医と衛生委員会が一体となった「仕事のケア」への取り組みを実現。

「健康いきいき職場づくり」による生産性向上の為には、各現場での就労実態の「見える化」が必要です。特に36協定、過重労働、休日取得、有給取得の状況は部門毎、職位毎、従業員毎によって異なる事から、その実態にあった「仕事のケア」が重要になります。
特に健康な心身を維持する為にも、リアルタイムな状況把握と対策&対処が必要になります。
  1. 未然予防、予知、改善
    • 労務環境、職場環境、生活環境に対し、企業毎での設定値(閾値)による予防対象者の抽出とアラーム表示が可能となりますので、心のケアが必要な対象者を含め、心身の健康が不調になる前段階での対策&対処が可能になります。
    • 就業情報や人事情報に対して、ストレスチェクの結果や健康診断の結果情報を加えた相関的分析も可能ですので、安全衛生委員会や産業医監修における判断材料として、より細かな働き方の改善や労働環境改善に取り組んで頂くことができます。

分析結果を基に、産業医と衛生委員会が一体となった「仕事のケア」への取り組みを実現

④労務環境改善
健康経営を実現する労務環境改善ソリューション

ストレスチェック及び健診データ不調者と働き方(就業)データ等を比較しながらデータ検証をすることにより、働き方改善を実現します。
  1. 労務環境改善

    各個人が就業や人事の状態の変化とストレスチェック、健診データの結果の変化をみることでストレス、健康リスクの原因を捉え、対策を実施します。

  2. ビッグデータ分析

    企業の組織単位で、クラウドに収集された他社のデータと比較することにより、自社の状態を正しく把握できます。
    ※弊社クラウド内での運用のため、データ蓄積量によります。

  3. 健康経営

    多面的な統計分析および複合分析によって企業の健康経営を実現します。

従業員や組織の健康度向上により、組織の生産性・収益の向上に貢献します!

⑤生活環境改善
生活習慣改善ソリューション

日々の生活ログと目標値を健康情報データバンクに登録することで、生活習慣の目標管理・改善をクラウドサービスにより実現します。スマートフォンの活用で「いつでも」「どこでも」管理が可能です。
  1. 日常データ 生活習慣改善目標設定

    PCやスマートフォンから食事、運動、睡眠など日常生活ログの取得が可能。健康・生活習慣の目標、実績管理ができます。

  2. 活動内容の記録と達成率の確認

    各評価項目ごとの記録と達成率の確認できます。

  3. iPhoneに備わっているHealth Kitのデータを毎日自動で取得。

    意識することなく日々の情報を取得し、健康・生活習慣の管理ができます。
    ※Health Kitとは、Apple社が提供するiPhoneのデバイスに、自動的に97項目の日常の活動や測定の情報が日々蓄積されるツール。
    ※Health Kitで管理できる項目としては、最高血圧、最低血圧、歩数、体重、体温などがあります。