健康経営サポート

  • HOME
  • /
  • 健康経営サポート

健康経営とは?

ABOUT

「企業が従業員の健康に配慮することによって、健康面においても大きな成果が期待できる」との基盤に立って、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に実践することです。
資料請求をする

健康経営が実現する4つのメリット

MERIT

01

生産性の向上

心身ともに充実した従業員がいきいきと働く、活力ある職場を実現することで、従業員が効率的に業務を遂行し、一人ひとりの生産性を向上します。

02

従業員の満足度向上

ワークライフバランスを推進し、良好な職場環境を構築することで、従業員一人ひとりの生活を充実させ、従業員の満足度を向上します。

03

企業イメージの向上

企業理念に基づき、従業員への健康投資を行うことは、従業員の活力向上や生産性向上、組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や企業イメージ向上などの効果が得られます。

04

医療費の抑制

健康保険を利用した場合、医療費の一部は会社が負担しますが、従業員がカラダを壊すことが減り、病院に行く頻度が少なくなれば、会社が負担するべき医療費を削減することができます。
健康経営で
働き方改革の実現をサポート
勤次郎Enterpriseシリーズなら
一般的な勤怠管理システムでは対応できない
健康経営への対応が可能です。

勤次郎Enterpriseシリーズで

健康経営を支援

働く場での改善

労務管理マネジメントで就労実態を「見える化」し、実態に合ったケアを行うことで労働生産性を向上。 また、多様な働き方を推進し、働きやすい職場環境を提供することで従業員の満足度向上、労働意欲向上を実現します。

生活の場での改善

職場での就業・人事データ/健康診断データ/ストレスチェックデータに加えて、スマートフォンやタブレットを活用し、日常の生活ログデータを統合管理&分析。 生活習慣改善アドバイスにより、従業員自らの心とカラダの健康向上を支援します。
資料請求をする

健康経営優良法人認定
サポート

「健康経営優良法人認定制度」は、経済産業省が優良な健康経営を実践している企業を顕彰する制度です。「健康経営」に取り組む法人は、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受ける事ができます。

  • 経済産業省はこれまで大規模法人部門向けに上場企業に限られる「健康経営銘柄」の制度を運用してきました。 2016年度から、日本健康会議と共同で、上場企業に限らず大規模法人のうち保険者と連携して優良な健康経営を実践している法人について、2020年までに500社を「健康経営優良法人~ホワイト500~」として認定・公表する制度をスタートさせました。

  • 経済産業省は中小規模法人部門向けに日本健康会議が掲げる宣言5との連携を図り、協会けんぽ等の保険者の進めている「健康宣言」に取り組んでいる中小企業、中小規模の医療法人から優良な健康経営を実践している法人について「健康経営優良法人」として認定・公表する制度をスタートさせました。

健康経営優良法人認定制度

大規模法人部門
中小規模法人部門
製造業その他 301人以上 300人以下
卸売業 101人以上 100人以下
小売業 51人以上 50人以下
医療法人・サービス業 101人以上 100人以下

勤次郎Enterpriseシリーズによるご提案

健康経営優良法人として認定される基準は?

認定された「企業」や
「医療法人」にとっての

メリット

  • 01

    従業員の
    企業満足度向上
  • 02

    リクルートでの
    有利な採用広告
  • 03

    関係企業や金融機関から
    低金利融資
  • 04

    公共調達時における
    高い入札評価

導入事例

その他の導入事例を見る