勤次郎Enterpriseシリーズ - 製品一覧

勤次郎Enterpriseシリーズ - 製品一覧

労務管理キーワードからの「勤次郎Enterprise」コンセプト

企業の業績向上基本モデル

財務基盤強化

企業の業績向上基本モデル

※A:労務管理データと生産部門データをマッシュアップした経営分析指標
※B:労務管理データと財務データをマッシュアップした経営分析指標
※C:労務管理データと販売部門データをマッシュアップした経営分析指標

※HRM(Human Resource Management):人的資源管理、企業の経営戦略、事業戦略実現のため人材の調達、配置、開発および人事管理制度などを中長期的視点から戦略的に行うこと

労務・財務管理の向上による経営基盤強化

1)スピード
スピードディシジョン
リアルタイムマネジメント
2)変化し続ける制度改正への対応
雇用制度、労務法令法改正への対応
企業会計、税制など財務関連法、IFRSへの対応
3)労務コストのマネジメント&シミュレーション
シミュレーションによる業務プロセスの効率化
4)経営の意思決定支援
各種経営分析指標※A※C
労働生産性向上
セグメント管理による早期問題発見
5)シミュレーション
経営シミュレーション
未来予想データの活用
6)コンプライアンス強化(リスクマネジメント)
労働基準法/労働安全衛生法対応
財務諸表の信頼性を担保
内部統制、JSOX法対応
7)コミュニケーション(組織力の向上)
スピーディな情報交換、シームレスな情報共有
8)モチベーション向上
公平な人事考課の情報開示
改善の為の意欲向上
9)グローバル
グローバルに展開する企業の海外子会社化
10)セキュリティ
情報データの信頼性担保
11)ワークライフバランス(人財の活性化)
企業の成長(利益)=社員の健康管理への取り組み
12)タレントマネジメント(人財の有効活用)
経営戦略に適合した要員計画と人財育成

「勤次郎Enterprise」でのご提案

1)スピード
  1. 管理会計・労働生産性分析結果の提供
  2. ダッシュボードを活用した迅速なマネジメント
  3. 他システムから財務会計への自動仕訳連携と決算早期化
  4. トップページに集約された事務ワークのスピードアップ
2)変化し続ける制度改正への対応
  1. 多様な雇用・勤務形態、労務法令改正への対応
  2. 業種別会計基準、国際会計基準への対応
  3. 簡単な設定操作で運用後も変更・追加が可能
  4. 販売・生産管理からのデータ活用と有効なデータの提供
3)労務コストのマネジメント&シミュレーション
  1. 部門別、コスト内訳別に細かな人件費・経費分析・見える化
  2. データ入力分散による労務・経理業務の省力化
  3. 給与の低減でなく、人件費低減への取組み
4)経営の意思決定支援
  1. 労働生産性、人時生産性の把握・活用
  2. 異常値アラームと立場に応じたデータ分析で問題発見
  3. 経営指標、及び任意のKPI設定で経営状況把握
  4. 日常業務の中で経営方針・目標を社員に浸透
5)シミュレーション
  1. 経営方針・計画から方法を導き出すシミュレーション
  2. 組織・最適な人員配置からの人件費シミュレーション
  3. P/L、B/S、C/F。資金繰りの予算・予測シミュレーション
6)コンプライアンス強化(リスクマネジメント)
  1. 労働関連法、財務経理関連法の随時改正への対応
  2. ミス・モレ防止、過重労働チェックなど多彩なアラーム通知
  3. 証憑添付、申請・承認ワークフロー
7)コミュニケーション(組織力の向上)
  1. 企業内SNS&モバイルによる情報伝達
  2. ポータル機能で全社員へ情報通達、伝言メール活用
  3. ダッシュボードによる経営状況の情報共有化
8)モチベーション向上
  1. 公平評価と適材配置による労働意欲向上
  2. システム活用によるマネジメントレベル向上
9)グローバル
  1. 多言語、多通貨対応、現地時刻対応
  2. 連結決算、連結納税対応、現地法令への対応
10)セキュリティ
  1. 統合ICカードによる利便性向上
  2. 情報の信頼性、漏えい対策、安全性を考えたアーキテクチャ
11)ワークライフバランス(人財の活性化)
  1. 労務環境改善(不調者の未然予防)
  2. 見える化と分析による社員の健康管理への取り組み
12)タレントマネジメント(人財の有効活用)
  1. 組織・人財分析でポイントを明確にした採用・配置計画
  2. キャリアデザイン支援