1 Comments

    定義

    古くなった赤血球中のヘモグロビンが破壊されたときに生成される黄色の物質で、血液検査での総ビリルビンが2.0㎎/dL以上になると、尿中に現れます。肝臓や胆道の異常を示唆します。

     

     

    生活改善提案

    異常の場合は、医師に相談してください。

     

    関連する疾患

    ●陽性:胆道閉塞、肝炎、肝硬変、肝臓がん、劇症肝炎

    コメント欄 “尿ビリルビン

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。