0 Comments

    春になると店頭に並ぶ真っ赤ないちご。年々その品種もおいしさも増加しているように思います。今回の旬の食材は、春の宝石「いちご」のご紹介です。

     

    子どもから大人まで大人気の“いちご”。そんないちごについて、全国の代表的な品種や豆知識などを調べてみました。

     

    日本人はいちごが大好き

     

    いちごは世界各国で食べられていますが、生食での消費量は日本が世界一だとも言われています。日本のいちごは品種が約300種と大変多く、世界全体の品種の半分以上が日本のものだという説もあります。現在も日本各地で品種改良が重ねられ、個性的な新品種が続々と誕生。生産地を代表する“ご当地ブランド”となるいちごも生み出されています。また、日本のいちごは海外でも人気が高く、輸出も増加傾向にあります。

     

    国内で生産されてる主ないちご(いちごの収穫量上位15県)

     

    (注)1位から4位は最も収穫量の多い品種と育成品種、5位から15位は最も収穫量の多い品種。

    出典/農林水産省「平成30年産作物統計」を基に該当する自治体に聞き取り作成(出典 aff  19年12月号 いちごの品種、増加中!)

     

    いちごは野菜なの? 果物なの?

     

    園芸学では、木の実(木本性)は果物(果樹)、草の実(草本性)は野菜と分類します。草本性であるいちごは野菜。また、農林水産省の作物の統計調査でも野菜に含まれています。ただし、実際は果物と同じように食べられていることから「果実的野菜」とも呼ばれています。

     

     

    いちご表面のツブツブが果実

     

    いちごの表面にあるツブツブは種ではなく、ひとつひとつが果実です。それぞれのツブツブの中に種が入っています。一粒のいちごは、200個から300個の果実が集まった「集合果」。私たちが果実だと思って食べている甘い部分は、実際は茎の先端の花床(かしょう)が膨らんだ偽果(ぎか)です。

     

     

    いちごの栄養成分は?

     

    いちごはビタミンCが豊富で、みかんやグレープフルーツの約2倍。ビタミンB群である葉酸も多く含まれています。また、ポリフェノールの一種であるアントシアニンも豊富で、目の働きを高めたり、眼精疲労を予防したりする効果も期待できます。

     

     

    いちごの甘い部分はどこ?

     

    いちごは先端部から熟していくため、ヘタの部分よりも先端のほうに糖が多く蓄積しています。ヘタよりも中央、中央よりも先端が甘いので、ヘタをカットして中央から食べ始めると、最後により甘く感じられます。

     

     

    12月中旬から6月上旬ごろまでが、いちご狩りのシーズン。お店に並んだいちごを、存分に楽しみましょう。

     

    出典 農林水産省HP aff  2019年12月号

    特集1 いちご https://www.maff.go.jp/j/pr/aff/1912/index.html

     

    監修:佐藤祐造(医師、愛知みずほ大学学長・名古屋大学名誉教授)

     

    App Store

    Google Play

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。