0 Comments

    妊婦さんはマグロを食べると危険!?

    食べもののウソ・ホント

     

     

     

    マグロやチーズ、生ハムは妊娠したら

    食べてはいけないとよく耳にしませんか?

     

    食べるのは我慢!と思うと

    余計に食べたくなることもありますよね。

     

    それらの食べものは

    本当に食べてはいけないのでしょうか?

     

     

    マグロは食べない方がいい?

     

     

    食べてはいけないお魚と言われると、マグロを

    思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

     

    マグロやイルカ、クジラといった

    食物連鎖の頂点にいる強いお魚には

    自然界の水銀が多く含まれています。

     

    自然界に存在する水銀は

    微生物→小魚→大きな魚の順で取り込まれ

    蓄積していくからです。

     

     

    大きくて強いお魚を極端に食べ過ぎると

    たくさんの水銀を摂取することにつながり

    お腹の赤ちゃんに影響を及ぼす可能性がある

    と言われています。

     

    ※水銀を過剰に摂取した場合、

     赤ちゃんの音への反応が、通常の

     1/1000秒以下のレベルで遅れる

     可能性があると言われています。

     

    このことが大きく取り上げられているため

    妊婦さんにマグロは危険!という

    認識が広がっていると考えられます。

     

    マグロをはじめとしたお魚には

    たんぱく質、DHA(ドコサヘキサエン酸)

    EPA(エイコサペンタエン酸)、カルシウムが

    多く含まれており

    バランスの良い食事には欠かせません。

     

    ※DHA、EPA

     マグロやサンマ、イワシなどに含まれる

     脂肪酸の一種。

     脳や神経組織の発達、機能維持

     抗アレルギー、血栓の予防などの

     機能があると言われています。

     

    マグロなどのお魚は摂取量の目安が

    定められており、その範囲内であれば

    問題ないと言われています。

     

    注意が必要なお魚と摂取量を

    まとめた表が以下になります。

     

     

     

     

     

     

    アジ、サバ、サケ、イワシ、ブリ、カツオ、

    ツナ缶などは、特に注意は必要ないと

    言われています。

     

     

    水銀が多く含まれているお魚を

    極端に多く食べることは避け、

    そのほかの魚介類をバランスよく

    摂取していくことが大切です。

     

     

    チーズは?生ハムは?

     

     

    チーズや生ハムに注意する理由として

    リステリアによる食中毒の危険性があげられます。

     

     

    リステリアは、他の食中毒の原因となる菌と

    同様に加熱により死滅しますが、

    4℃以下の低温や12%食塩濃度下でも

    増殖できるという特徴があります。

     

    健康な大人では非常に多くの

    リステリアを摂取しなければ発症しないため、

    賞味期限や保存方法を守っていれば、

    食中毒が発生するほどの菌数にはなりません。

     

    しかし、妊婦さんは少量のリステリアでも重篤な

    状態になることや、胎盤や胎児へ感染し影響を

    及ぼす可能性が指摘されています。

     

    原因になるものは、冷蔵庫で

    長期間保存することができ、

    加熱せずにそのまま食べられるものが

    多いと言われています。

     

    その代表として

     

    ・生ハムなどの食肉加工品

    ・未殺菌乳、ナチュラルチーズなどの乳製品

    (加熱をせずに製造されるもの)

    ・スモークサーモンなどの魚介類加工品

     

    が挙げられます。

     

    このことから、妊婦さんは

    チーズや生ハムに注意!と言われています。

     

    また、リステリアは自然界に広く分布しており

    生野菜や果物に付着していることもあります。

     

    よってお家では、

     

    ・生野菜や果物などは食べる前によく洗う

    ・期限内に食べるようにする

    ・開封後は、期限に関わらず速やかに消費する

    ・冷蔵庫を過信しない

    ・冷凍庫で保存する

    ・加熱してから食べる

     

    ことを心がけると良いです。

     

    リステリアは加熱により死滅するので

    加熱して食べることが重要な予防対策です。

     

     

    ちなみに、加熱して作られている

    プロセスチーズは食べても問題ありません。

     

    チーズを買う際には、しっかりと

    成分表示を確認してくださいね。

     

     

    食べていいもの ウソ・ホント

     

     

    世間でよく耳にする食べものについて

    まとめたものが以下の表になります。

     

    ネットには色々なことが書いてありますが、

    正しい情報源を確認することも大切です。

     

    厚生労働省のホームページが

    信頼できておすすめです。

     

     

    この表の中にある食べものを

    妊娠したからやめたという方も

    いらっしゃるかもしれません。

     

    同じものを毎日大量に食べなければ

    基本的には妊娠前の食生活と同じで

    問題ないと言われています。

     

    神経質になりすぎず

    バランスよく何でも食べて

    楽しい妊娠期を過ごしてくださいね。

     

    母子手帳のポケットにエコー写真が

    たくさん溜まっているみなさん。

     

    一生に一度のエコー写真、

    撮った日付や週数ごとに

    わかりやすく整理してみませんか?

     

    「ママケリー」なら後から振り返って

    撮った日付ごとにエコー画像を

    登録することができます。

     

    クラウド上に保存されるので

    スマホの容量を

    圧迫することもありません。

     

    詳しくは「ママケリー」で検索!

     

     

    (参照)

    厚生労働省:これからママになるあなたへ 

    食べものについて知っておいてほしいこと

     

    これからママになるあなたへ 

    お魚について知っておいてほしいこと

     

    リステリア・モノサイトゲネスに関するQ&Aについて

    https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000070322.pdf

     

    6.2.5.ヨウ素(I)

    https://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/dl/s0529-4al.pdf

     

    日本産婦人科医会:食事と先天異常

    https://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/SENTEN/kouhou/food.htm

     

    App Store

    Google Play

     

     

     

     

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。