0 Comments

ソニー生命広告

 

今回は、通勤電車やバスの中で見かける「ピンク色をした丸いキーホルダー」のような「マタニティマーク」についてお伝えします。

 

祝!10年

 

「おなかに赤ちゃんがいます」というデリケートなメッセージをさりげなく、かわいらしく伝えるために誕生したのがマタニティマークです。

マタニティマークはたくさんのお母さんに使われてきました。

マタニティマークは、妊産婦が交通機関などを利用するときに身に付け、周囲が妊産婦への配慮を示しやすくするものです。

 

 

 

妊婦に優しい社会を

 

マタニティマークが「健やか親子21推進検討会」から誕生して10年が経過しました。

東京のママフェス他で行われた調査では、9割以上のママがマークを身につけたことがあり、首都圏における認知度は高いものと思われます。

また、9割近くの方がマークを身につけたことにより、何らかの配慮を受けたことがあることからも、妊婦を気遣う環境や雰囲気が醸成されてきたことがうかがえます。

 

 

「席を譲ってもらえると嬉しい」が最多

 

実際にまわりの人に配慮されて、うれしかった出来事は?という質問に対して、「席を譲ってもらったとき」と回答した人が63%と最多。

「お腹が目立たない時期でも普段とは体調が違うので、座れる場所を提供してもらえるとありがたい」という声がとても多く、他には、禁煙席に優先的に案内してもらえると嬉しいというような、受動喫煙に配慮した回答も見られました。

 

 

 

ソニー生命広告

ご主人の認知度はまだ低い

 

奥さまの妊娠をきっかけに、マタニティマークの存在を知ったご主人が3割近くいることからも、奥さまに比べ、ご主人の認知度は少し低いことが分かります。

男性からの配慮は受けるととても嬉しい反面、まだ認知度が低く、気付いてもらえないこともあるようです。

特に、妊娠初期の頃は、あえて自分から妊婦であることを言いづらく、まだお腹も大きくなくて、気付いてもらえないので、少し大きめのマークをつけると良いというアドバイスもありました。

 

 

思いやりのある行動をお願いします

 

妊娠初期は、赤ちゃんの成長はもちろん、お母さんの健康を維持するためにも、とても大切な時期です。

しかし、外見からは見分けがつかないため、「電車で席に座れない」、「たばこの煙が気になる」など妊婦さんには、さまざまな苦労があります。

 

そのため・・・

①体調の悪そうな妊婦さんがいたら「声をかけましょう」

➁電車やバスなどで妊婦さんに「席を譲りましょう」

③妊婦さんの近くでは「喫煙をやめましょう」

 

などを基本として配慮することで、子育てしやすく、産みやすい社会環境の実現につながっていきます。

 

 

みんなで作ろう、未来のお母さんと赤ちゃんにやさしい環境。

 

 

出典

厚生労働省HP マタニティマークポスターについて

マタニティマーク リーフレット 

健やか親子21 マタニティマークについて

 

監修:佐藤祐造(医師、愛知みずほ大学特別教授・名古屋大学名誉教授)

 

電子母子手帳ママケリーは育児ママの強いミカタ。

ママケリーはパパと一緒に利用ができます。

ワンオペ育児はもう卒業。ファミリーで育児を楽しもう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。