0 Comments

    大変なことも多い育児ですが、新型コロナウイルスのせいで普段よりストレスが溜まっていませんか?特に赤ちゃんのアレルギーはお悩みの種ではないでしょうか。アレルギーに関する最新の情報をお届けします。

     

    アレルギーの仕組み

     

    アレルギーの原因となる物質を「アレルゲン(抗原)」といいます。身のまわりには、食物、花粉、ダニなど多くのアレルゲンが存在します。

     

    アレルゲンが体の中に入ると、異物とみなして排除しようとする「免疫」という機能がはたらき、身を守ろうとします。

     

    この免疫のはたらきが異常を起こし、くしゃみ、発疹、呼吸困難などの症状を起こしてしまう状態がアレルギーです。

     

    アレルギー疾患には、食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎(花粉症を含む)、アレルギー性結膜炎、気管支喘息(ぜんそく)などがあり、症状や経過はさまざまです。

     

    母乳はアレルギー予防になる?

     

    厚生労働省の「授乳・離乳の支援ガイド」に関する研究会では、母乳栄養が食物アレルギーを減らすという明確なエビデンスはないことがわかりました。

     

    ミルクをあげると赤ちゃんがアレルギーになってしまうのでは?と考えているお母さんも多いとは思いますが、決定的な根拠は乏しいのです。

     

    「授乳・離乳の支援ガイド」では、産後1か月のお母さんの約51%が完全母乳栄養を行っており、約45%が混合栄養、約3%が完全ミルクという結果でした。

     

    半数のお母さんがミルクを使用しているという結果であり、ミルクをあげているのは自分だけ?と後ろめたい気持ちを感じる必要は全くありません。

     

    母乳とミルクにはそれぞれいいところがあり、アレルギー予防という観点ではどちらを選んでも差はありません。赤ちゃんとお母さんに一番合った授乳方法を選択してくださいね。

     

     

    また、食物アレルギー予防として

     

    ▼妊娠中や授乳中のお母さんが、特定のサプリや食品を過剰に摂取すること

    ▼妊娠中や授乳中のお母さんが、特定の食品を極端に避けること

    ▼家族にアレルギー体質の方がいる赤ちゃんへ、予防的にペプチドミルクや乳たんぱく質消化調製粉乳を与えること

     

    などは効果がないことがわかっています。

     

     

     

    アレルギーの原因は?アレルギー予防は何をしたらいいの?

     

    現在、食物アレルギーの発症に関しては

     

    ①皮膚バリア機能の低下

    ②秋冬生まれ

    ③特定の食物の摂取開始時期の遅れ

    ④遺伝的要因

     

    が原因であると考えられています。

     

    ①皮膚バリア機能の低下②秋冬生まれに関して、最近の研究では、赤ちゃんのスキンケアが不足していると、アレルギー症状が引き起こされる可能性が指摘されています。

     

    正常な皮膚は角質に守られており、異物が侵入しにくい構造をしています。

     

    しかし、湿疹や乾燥で皮膚のバリアが壊れた状態では、食物、花粉、ダニなどのアレルゲンが皮膚から侵入しやすくなってしまいます。

     

    アレルゲンが表皮や真皮に侵入すると、免疫がはたらきアレルギー症状が引き起こされます。

     

    これまでは、食物アレルギーは消化管でアレルゲンが吸収されることが原因だと考えられていました。

     

    ところが近年の研究結果から、スキンケア不足による皮膚からのアレルゲンの侵入により、食物アレルギーが進行することが明らかになり、スキンケアが重要であるとの認識が広まっています。

     

    秋冬生まれの赤ちゃんは、肌のバリア機能が未熟なうちに乾燥しやすい冬を経験することになるので、春夏生まれの赤ちゃんよりもアレルギー症状が出やすいと考えられています。

     

    ③特定の食物の摂取開始時期の遅れに関して、わたしたちの身体には口から物を食べる際に、食べたものに対して過剰なアレルギー反応を起こさないようにする仕組みが備わっていることもわかってきました。

     

    欧米に多いピーナッツアレルギーは生後1年未満から摂取を開始することで、アレルギー発症予防に効果があるという研究結果が出ています。

     

    同様に日本に多い鶏卵アレルギーも、生後6か月頃を目安に卵黄から食べ始めることで将来なアレルギー発症を低下させるという報告があります。

     

    加えて、赤ちゃんの離乳食開始時期を早めても、遅くしても、アレルギーの発症を抑えるというエビデンスはないこともわかりました。

     

    よって、アレルギーを予防するためには

     

    ▼皮膚のバリアが壊れないように赤ちゃんのスキンケアを行うこと

    ▼生後5~6か月になったら離乳食を開始すること

    ▼医師の指示なく特定の食べものを除去しないこと

     

    これらが重要であると考えられます。

     

    アレルギーに関する研究は盛んであり、日々新しい報告がなされています。ネットには古い情報や偏った情報が掲載されていることもあるので、困ったら医師に相談しましょう。

              

     

     

    離乳食の内容やアレルギーの有無はどうやって記録していますか?ママケリーなら、お母さんが記録したいあれこれがタップ一つで管理できます。さらに、母子手帳を電子化し、お子さまの予防接種の管理まですべて入力できるよう設計しました。もちろん産婦人科医師監修なので、安心してお使いいただけます。

     

    参照

    厚生労働省 授乳・離乳の支援ガイド
    https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000496257.pdf

    食物アレルギーの観点から授乳・離乳を支援するポイント
    https://www.mhlw.go.jp/content/11908000/000464805.pdf

    国立研究開発法人国立成育医療研究センター アレルギーについて
    https://www.ncchd.go.jp/hospital/sickness/allergy/about_allergy.html

     

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。