0 Comments

    7月12日は「日本で初めて人間ドックが行われた日」です。

     

    短期入院を伴う人間ドックは、昭和29年(1954年)7月12日、国立東京第一病院(現国立国際医療研究センター)において行われました。

     

    当時は「人間ドック」という言葉はなく、「短期間入院特別健康精査」と堅苦しく称されていましたが、この検査について報道した新聞の記事において「人間ドック」という端的なネーミングがされたことから、やがてこの呼び方が定着しました。

     

    ちなみに「ドック」は病院という意味の俗語もあるようですが、一般的には船を点検・修理するためのドック(dock)に由来するといわれています。

    船が長い航海のあと点検・修理のためにドックに入るように、人間も定期的にドックに入る必要がある、という考えから生まれた言葉と思われます。

     

    人間ドックが誕生するまで

     

    人間ドックが生まれた陰には、一人の主張を真摯に具現化し、予防医学に風穴を開けるような大きな挑戦がありました。

     

    1954年当時、成人病(生活習慣病)予防のために全身の健康状態をチェックしてもらうのには、病院内の各科を面倒な手続きを踏んで転々としなければなりませんでした。

    しかも、いま人間ドックで行われている数十項目の検査を受けるのには何ケ月も費やすことになります。

     

    こうした病院中心のシステムを改め、レールにのった患者が駅に停車したかのように、各科の医師が次から次に健診し、最後には、得られた検査データをもとに主治医が総合判定をするというシステムを作りたい。

    検査開始から総合判定までの期間は6日間―。

    このアイディアは、国立東京第一病院(現・国立国際医療研究センター)の守屋博医師(病院管理学の指導者)との議論の過程で生まれました。

    同病院での試運転では予想外の好評をいただき、同時に、病院側のシステム改革にも一石を投じることになったのです。

     

    全国展開

     

    国立東京第一病院で産声を上げた人間ドックに、まもなく、聖路加国際病院、昭和医科大学病院、東京女子医科大学病院が加わりました。

     

    その2~3年後には全国の病院でも人間ドックが次々に創設され、やがて厚生省(現・厚生労働省)から病院単独での人間ドック運営が公認されました。

    旧態然とした日本に1つの新しい医療システムが完成したのです。

     

    人間ドックと健診の違い

     

     

    体の健康状態をある尺度で総合的に確認するプログラムのことを健康診断(健康診査)略して健診と呼びます。

    労働安全衛生法などの法律によって実施が義務付けられた定期健診等の「法定健診」と人間ドックなどの個人が任意判断で受ける「任意健診」に分けられます。

     

    定期健診などの「法定健診」は、乳児・妊婦・市民・従業員などによって内容が定められています。

    検査項目は問診(既往歴および業務歴の調査や自・他覚症状の有無の確認)、身体測定、視力・聴力検査、血圧測定、便及び尿検査、胸部エックス線検査など10数項目からなります。

     

    人間ドックなどの「任意健診」には、法定健診よりも多い40~100項目程度のより高度な検査を行うことが多いです。

    全身を徹底的に検査することが可能ですが、費用が自己負担となり高額になるため、健康保険組合などからの補助や法定健診と併せて実施することで、費用の軽減を図る施策などが行われる場合もあります。

     

    人間ドックで何を診ているの?

     

    病気はある程度進行しないと自覚症状が現れません。

    とくにがんは自覚症状が現れた段階では治療が極めて困難であると言わざるをえません。

    また、人間ドックは詳しい検査を多項目にわたり行い、多くの病気の早期発見に効果があります。

    病状の経過を見たり、今後の治療の方針を決めたりするのに役立ちます。合併症を発症していないかもわかります。

    健診で異常がない人も、人間ドックで異常が見つかることがあります。これまで受診したことのない人も、ぜひ人間ドックを受診してほしいものです

     

    どれくらいの人が人間ドックを受けているの?

     

    「人間ドックの日」にちなんで、健康診断(人間ドックを含む)の受診率を見てみましょう。

     

     

    厚生労働省の国民健康・栄養調査によると、平成28年(2016年)の健康診断(人間ドックを含む)の受診率は、全ての年齢階級で男性が女性を上回っています。なお、50~59歳の年齢階級が男性79.9%、女性71.0%と最も高い受診率となっています。

     

    一年に一度の健診です。生活習慣病のリスクを減らすためにしっかり結果を確認しましょう。

    また、再検査、精密検査の指示があれば必ず受診しましょう。

     

    そして次の健診には数値が改善できるように、医師、保健師、管理栄養士など専門家の指導を受け生活習慣を見直す。

    これが本来の人間ドックの意味ですから、人間ドックは結果を手にしてもまだ続いていると考えてくださいね。

     

    統計局 なるほど統計局

    7月12日  日本で初めて人間ドックが行われた日
    https://www.stat.go.jp/naruhodo/c3d0712.html

     

    株式会社保健同人社 人間ドック誕生秘話
    https://www.hokendohjin.co.jp/corporate/history/medical_checkup/

     

    監修:佐藤祐造(医師、愛知みずほ大学学長・名古屋大学名誉教授)

     

    App Store

    Google Play

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。