1 Comments

    定義

    ALPは酵素であり、肝臓、胆管、骨、小腸などに広く分布します。肝障害や胆汁うっ滞、骨の疾患で増加します。

     

     

    生活改善提案

    ・異常の場合は、医師に相談してください。

     

     

    関連する疾患

    ●基準値以下:低栄養、亜鉛欠乏

    ●軽度上昇(基準値の2倍):慢性肝炎、骨折、慢性腎不全、糖尿病

    ●中程度上昇(基準値の4倍):肝炎、敗血症、くる病、副甲状腺機能亢進症、うっ血性心不全

    ●高度上昇(基準値の4倍以上):閉塞性黄疸、胆道の疾患、転移性がん

    コメント欄 “アルカリフォスターゼ(ALP)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。