咳する女性
0 Comments

ソニー生命広告

 

 

新型コロナウイルスの感染者数が増え続けています。

第二波と違い、少し軽症者が多いように感じます。

 

軽症者の場合、自宅で療養したり宿泊施設で療養したりと不安な気持ちも多いかと思います。

特に、咳は飛沫感染のもとにもなりますし、他の人に様々な影響を与えるため、気も使います。

でも咳って体力を奪っていくものなのです。

とても辛いものなんです。

 

なので、今回は、新型コロナにも対応でき、しかも、他の咳症状にも適応できる方法をお伝えします。

 

 

寝る姿勢

 

呼吸しづらい場合には、頭を少し上げると楽になります。

咳はあおむけに寝ると息を吸うことが楽になります。

しかし、浅い呼吸や浅い咳しかできなくなります。

そのため、体が辛くなければ横向きなどで寝るとよいでしょう。

横向きのほうが、複式呼吸優位となって深い呼吸もできますし、強い咳ができるので咳の回数が少なくなるかもしれません。

 

 

水分量

 

水分は、適切な水分量にしましょう。

水分が不足していると、体の機能もうまく働きませんし、免疫機能もあがりません。

また、微熱などが続く場合には、脱水症状を起こします。

ソニー生命広告

適切な水分摂取を行いましょう。

WHOでは、一日に16~20カップの水分摂取(約1.5リットル~)を勧めています。

 

ただし、水分摂取量が多すぎると体の中で酸素を作ることが難しくなります。(酸素化の低下)

その場合には、呼吸困難が起きてしまうので、「こまめに適量の水分補給」を心がけましょう。

 

 

ハチミツ

 

海外で発見された方法ですが、いくつかの論文などをまとめて強化した「メタアナリシス」という方法で証明されています。

 

上気道感染症の症状、特に咳の頻度と重症度を改善するために、ハチミツが通常のケア(鎮咳薬など)よりも優れていることがわかりました。

 

ご存じのようにハチミツは、1歳以上の子供であれば摂取可能です。

方法は、小さじ1杯のはちみつをそのまま舐めても良いですし、温かいお湯に溶かして飲んでいただいても結構です。

 

ハチミツは、咳などの上気道感染症の症状改善に抗生物質の利用よりも優れているという紹介がされていました。

ハチミツは抗菌薬耐性の拡大を遅らせることができ、抗生剤の代替品として利用することも取り上げられていましたが、まだそれは、今後の研究結果を慎重にみていかないとわからないことです。

 

ただ、まだ理由ははっきりわからないけれど、ハチミツが咳などの症状改善する可能性を秘めていることが報告されています。

 

 

あとは換気

 

窓やドアを開けて空気循環を改善するようにしましょう。

新鮮な空気を肺に取り入れることは、とても良いことです。

一度温まった部屋の空気は、2,3分窓を開放してもすぐに温度の上昇がみられるので、窓やドアを開けることに躊躇することはありません。

 

特に、多くの人が一つの部屋にいる場合には1時間に一度窓をあけて換気をしましょう。

 

 

昨日より今日、今日より明日 もっと良くなるあなたの健康。

予防法の気づきがもらえる健康コラム。

いつもポケット中に健康コラムとヘルスライフを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。