0 Comments

     

    テレワークが変えた通勤に対する価値観

     

    新型コロナウイルスの第二波が心配される毎日ですが、通勤電車もほぼビフォーコロナと同様の混み具合となり、ランチタイムも激戦となってきました。

     

    改めて、テレワークって色々大変なことはあったけど、「良かったことも多かった」と思うのです。

     

    株式会社ワークポートが行った「新型コロナウイルスがもたらした価値観の変化についての調査」では、約80%が価値観に「変化あり」。 多くが価値観の変化は「良いもの」と回答。 外出自粛や働き方の変化は、「自身の仕事観や生活を見つめ直すきっかけになった」と回答しています。

     

    その数はなんと約80%が自身の価値観に「変化あり」と回答し、しかも「好影響」と回答する人はなんと約80%でした。

     

    例を挙げると

    ・テレワークでも仕事ができることがわかり、毎日同じ時間に出社する意味がなくなったと思う。

    ・通勤によるストレスや時間の浪費がなくなったことにより、体が健康になったと明確に感じる。など、通勤や時間の使い方に関するポイントアップが見られています。

    今までの通勤時間っていったい何だったんだろう。往復何時間もかけて出勤する意味がわからないという、自問自答のような回答ですね。

     

    さらにエスカレートして、住む場所についても考えた人がいたようです。

    ・在宅勤務でも仕事に支障はなく、他地域よりも高い家賃を払って都心に住む意味はないと感じる

    ・地元に帰りたくなった。東京に住む意味がないと感じる。

     

    6月の引っ越し件数が増えて、すでに予約がいっぱいの業者もあるようです。4,5月の引っ越しを6月に延期された方、都心に住む必要がないと考えて、家賃の安い郊外に引っ越す方。様々な引っ越しがありますが、実家に帰るなどテレワークの影響もありそうです。

     

    職住不近接という言葉がありますが、地方居住・生活地選択の自由拡大、労働市場のグローバル化などによる「新たな日常」への移行が急速にすすみそうですね。

     

     

    新しいことを始めるきっかけに

     

    Kirin Well-being Design Labが行った「~あなたの暮らしアンケート~家から出ない生活」2020年6月23日では「新型コロナウイルス」の拡大を機に、新しく始めた生活習慣を紹介しています。なかでも「手洗い」「筋肉トレーニング」「心と体を整える」は継続傾向が7割と高く、また「免疫を上げるといわれる食品・飲料の摂取」は女性の継続傾向が高いと報告しています。

     

    特に注目するのは、男性の「食・健康」への意識の向上です。

    「筋肉を使うトレーニングやストレッチをする」という質問に対して女性は20.4%が始めたと回答しているのに対し、男性は23.6%が始めたと回答しています。

     

     

    さらに、継続したいと考えている人の割合も、74.3%と高確率になっていました。

    体と心を整えるトレーニング(8.8%)よりも人気があり、継続したいと思う人も高率だった筋肉トレーニング。最近では、「リングフィットアドベンチャー」などのゲームが人気で入手が困難な状況も続いています。

     

    男性の食への進出も好調です。

     

    「おつまみを作るようになった」「栄養を意識した食事をとるようになった」などちょっとした料理から、本格的な料理まで食事に関する意識改革があったようです。栄養バランスを意識した食事をとる(16.7%)と回答した人は、60.1%の人が継続したいと思っています。

    健康に対する関心が高まるのはとても良いことです。今後は、マスクをつける、手洗いをする等のセルフケアも継続して行うとの事なので、医療費削減、健康寿命延伸につながっていくといいですね。

     

      

    Pages : 1 2

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。