健康宣言 - 会社案内

健康宣言 - 会社案内

  日通システム 健康経営の取り組み

長期的なビジョンに基づいた健康経営への取り組み

社員の健康管理を経営的視点から考え、戦略的に労務環境改善を実践することで、企業の持続的な成長と従業員の健康と創造性の向上・生産性の向上を
実現するという基本姿勢のもと、「健康宣言」に参加し、健康経営を推進しています。
仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることができる職場環境の整備を続けます。

Ⅰ.健康宣言「従業員の健康保持増進」

1.従業員の心とからだの健康づくりを推進します。
2.だれもが健康でいきいきと働ける会社づくりを行います。
  ・特に「女性が活躍し長く活き活きと働ける職場作り」を行います。
3.従業員の活力向上、組織の活性化、良好な人間関係の職場環境づくりを推し進めます。
  ・「パワーハラスメント、セクシャルハラスメントの無い職場環境作り」を推進します。
4.ヘルスケアビジネスを通して社会貢献します。
  対象は、日通システム株式会社グループの全ての従業員・役員(出向者含む)です。

日通システム株式会社
代表取締役 加村 稔

      対象は、日通システム株式会社グループの全ての従業員・役員(出向者含む)です。

Ⅱ.健康保持増進の体制

 従業員の健康保持増進は、社長を最高責任者とし、担当役員を定め、経営陣、全従業員の参画による全社を挙げて継続した取組みを行い、取組み結果については全社会議で報告し、全員で情報共有しています。また、産業医との連携強化の一環として、産業医と役員・幹部との勉強会を実施しております。産業医との連携強化や保健師を配置し、従業員へ健康保持・増進の取組み状況、結果や施策の管理は、役員が出席する会議で報告を行っています。

Ⅲ.「従業員の健康保持増進」計画

1.今年度のテーマ
(1)従業員の健康度を分析し根拠に基づく計画を作成し改善をともに行っていきます。
(2)離職者を減らし、長く健康的に働ける職場づくりを行います。
(3)健康リテラシーを高め、一人ひとりが自身の健康管理ができるスキルを身につけます。
(4)働き方改革をすすめ、全ての従業員の満足度を向上します。
2.重点実施事項と対策の実施
データを分析・活用した改善施策を行い評価します。
①自社システム『ヘルス×ライフ』にて、健診結果・ストレスチェック・勤務管理データ・人事異動情報・生活習慣データを分析し、
プレゼンティーイズム・アブゼンティーイズムを計測し施策へ反映しています。
②産業保健スタッフが在籍し、社内の健康管理を行うように体制整備をしています。
 様々な角度からデータを利用し研修・指導を実施しています。
③保険者(協会けんぽ)と連携し、特定保健指導を実施しています。
①自社システム『ヘルス×ライフ』にて、健診結果・ストレスチェック・勤務管理データ・人事異動情報・生活習慣データを分析し、プレゼンティーイズム・アブゼンティーイズムを計測し施策へ反映。

 <取組実績>
産業保健スタッフによる保健指導
 ・協会けんぽと連携し特定保健指導実施率 100%
 ・協会けんぽ「ご家族にも健診プロジェクト」に参加し、社員のご家族も健康促進、健診費補助金支給
 ・定期健康診断受検率 100%
 ・オプション健診補助金支給
 ・インフルエンザ予防接種補助金支給
 ・ストレスチェック受検率 100%


   ・精検受診率について(改善:15.1%増加)
健診機関から受診勧奨の通知と紹介状を同封し精検受診のハードルを下げるとともに、産業医や保健スタッフからのきめ細やかなフォローによって改善がみられました。健診データの分析と継続して個別フォロー等を行い、要精検率向上を図っていきます。

 ・食生活について(毎日朝食を食べる 改善:1%増加)
管理栄養士の栄養相談や継続的な啓蒙活動により、食生活の改善がみられてきています。今後は、更なる改善をめざし、研修や調理実習を行う予定です。

 ・睡眠について
  ウェアラブル端末の支給により、睡眠の質、睡眠時間の計測を開始しました。今後は、ウェアラブル端末から得られたデータの活用として、働き方改革を進め、業務負担の調整やセルフケア研修等を実施することで質の高い睡眠が図られるようにしていく予定です。

 ・プレゼンティーイズム(評価80~99% 改善:2.3%、評価60%以上 改善:1.0%)
  上司との面談や部門研修時の社員との意見交換やコミュニケーション活動を通じて、職場の雰囲気や業務環境を改善しました。またセルフケア研修、ラインケア研修等の各研修の実施や、産業医や保健スタッフの面談も行い、社員の体調や状況に応じた業務分担の調整を継続することで更なる向上を図っていきます。

 ・「健康経営」について(改善:13%)
  当社では、「働き方改革」と「健康経営」を推進しており、様々な施策・活動・評価を行っています。社員からの「健康経営」への意見を取り入れ、社員の健康促進、生産性向上、モチベーション向上やヘルスリテラシー向上に繋げていきます。

   ・健康ポイント制度
  自社システム『ヘルス×ライフ』の機能である健康ポイント機能を利用し、従業員への健康ポイント付与を行いました。健康ポイントは獲得者へ現金還元を実施し、健康活動へのモチベーションアップを図りました。   ポイント付与 (総額現金 916,700円)   健康ポイント利用社員の増加 (11%増加)

②産業保健スタッフが在籍し、社内の健康管理を行うように体制整備をする。様々な角度からデータを利用し研修・指導を行います。


 1.従業員研修の強化
  ・WEB会議を活用し、研修機会を増やすことで、正しい知識に基づいたセルフケア・ラインケア研修の実施や職場環境の改善について研修を実施しています。参加者が多い研修は、ビデオ配信や開催日を複数設け、100%参加を実現しています。
  <取組実績>
     階層別研修               :参加率100%
     部門毎研修               :参加率100%
     新入社員入社時研修           :参加率100%
     セクハラ防止研修(講師:当社顧問弁護士):参加率100%
     パワハラ防止研修(講師:当社顧問弁護士):参加率100%
     女性の健康保持増進・働き方改革研修   :参加率100%

 産業医事務所の協力による女性セミナーの参加者は98%でした。 今後も継続して従業員向けの研修を開催する予定です。今後の課題は、女性が働きやすく長く勤務できる状況を作っていくために当事者と事業所が何かできるかを一緒に考えていくことだと考えています。

 2.自社サービスである健康経営推進&働き方改革支援サービス『ケリーオンラインサービスサポート』の導入
・専門家による健診BPOサービスを開始しました。
・管理部の作業負担の軽減に及び従業員の健康状況改善に繋がりました。
・産業保健スタッフによる健診事後措置を実施し、有所見者へ面談を行いました。
<取組実績>
 受診勧奨面談実施率 100% 保健師面談実施率 95%
 

 3.遠隔面談システム『ケリーオンラインシステム』を開発し、社内導入開始
・遠隔面談システム『ケリーオンラインシステム』を利用し、産業医、保健師が『ヘルス×ライフ』システムより自動抽出した対象者と面談する取り組みを開始しました。
心身の病気の予防にも着目し、産業医や保健師ときめ細やかな面談を実施し、重症化予防に繋げています。
・産業医、保健師、従業員が面談のために移動する必要がなくなり、時間、コスト、感染症の感染リスクが減少につながりました。
<取組実績>
 産業医面談実施率 95%
 

②保険者(協会けんぽ)と連携し、特定保健指導を実施しています。


 1.協会けんぽと連携し特定保健指導実施率 100%
  

 
3.過剰労働の現状把握

1.時間外労働の適正化
 ・時間外労働の上司指示、事前申請の徹底
2.業務の効率化・軽減(業務運営・分担の改善、IT化など)
 ・事務業務改善施策により、年間108時間/人の工数削減を達成
3.有給休暇促進(誕生月有休など)年次有給休暇取得率 46.3% 平均有給休暇所得日数 8日
4.離職率 25%改善 


4.社会貢献としての情報提供事業

①健康情報の提供
 ・Facebook [ヘルス×ライフ](URL:https://www.facebook.com/Health.LIFE.official/)
 ・Facebook [ママケリー](URL:https://www.facebook.com/mamakelly.official/)
 ・ヘルス×ライフweb (URL https://www.nittsusystem.co.jp/health-life-web.nittsusystem.co.jp/ )(50万PV/月) 
 上記を通じて、当社従業員だけではなく多くの人へ健康情報をお届けしています。


5.その他

1. 感染症対策
今年の大きな施策に感染症対策がありました。
新型コロナウイルス対策として、消耗品購入、衛生資材購入の予算外投資、テレワーク一時導入・時差出勤が挙げられます。
行った施策は以下になります。



 <取組実績>
本社・本部が入居するオフィスビルでは、何度かの新型コロナ罹患者発生があるも当社従業員(外注含む)には新型コロナの発生はありませんでした。

今後、インフルエンザ予防と新型コロナウイルス感染対策を同時に行うことになりますので、さらに教育・研修⇒施策⇒確認⇒評価とPDCAを回していくことが求められていると考えています。

<取組実績>
新型コロナウイルス感染症ともに心配なのがインフルエンザです。インフルエンザに対して、予防接種には、1,000円/人の補助を毎年行っています。
これは、扶養家族も含み支給されます。予防接種は就業時間内接種を行い、今年度は昨年度と比較し133%と多くの社員が予防接種の予約をしました。


2.アワード取得
②女性の活躍促進
 ・女性の健康課題への対応
   女性の健康、活躍促進の研修実施
   テーマ「生産性向上に直結するチーム内コミュニケーション(心理的安全性の重要性)」
「コーチングセミナー」
 ・愛知県「あいち女性輝きカンパニー」認定取得
  (URL:https://www.nittsusystem.co.jp/company/female-achievement/)


3.ワークライフバランスの向上
社員のワークライフバランス向上への取組を行いました。
<.取組実績>
社内クラブ活動に所属する社員が増加しました。事業所はクラブ活動に補助をし、活動をサポートしています。活動回数は順調に増加しています。




 さらに、終業後の部署単位での活動にも補助をしています。コミュニケーション活動費用として、5,000円/半期/人の補助をすることで部署内のコミュニケーションを活発にし、人間関係の良い職場づくりを目指しています。