健康宣言 - 会社案内

健康宣言 - 会社案内

 当社は、社員の健康管理を経営的視点から考え、戦略的に労務環境改善を実践することで、企業の持続的な成長と従業員の健康と創造性の向上・生産性の向上を
実現するという基本姿勢のもと、「健康宣言」に参加し、健康経営を推進しています。
仕事と生活を調和させ、健康で充実して働き続けることができる職場環境の整備を続けます。

長期的なビジョンに基づいた「健康経営」への取組み

Ⅰ.健康宣言「従業員の健康保持増進」

1.従業員の心とからだの健康づくりを推進します。
2.だれもが健康でいきいきと働ける会社づくりを行います。
  ・特に「女性が活躍し長く活き活きと働ける職場作り」を行います。
3.従業員の活力向上、組織の活性化、良好な人間関係の職場環境づくりを推し進めます。
  ・「パワーハラスメント、セクシャルハラスメントの無い職場環境作り」を推進します。
4.ヘルスケアビジネスを通して社会貢献します。

日通システム株式会社
代表取締役 加村 稔

 対象は、日通システム株式会社グループの全ての従業員・役員(出向者含む)です。

Ⅱ.健康保持増進の体制

 従業員の健康保持増進は、社長を最高責任者とし、担当役員を定め、経営陣、全従業員の参画による全社を挙げて継続した取組みを行い、取組み結果については全社会議で報告し、全員で情報共有しています。また、産業医との連携強化の一環として、産業医と役員・幹部との勉強会を実施しております。産業医との連携強化や保健師を配置し、従業員へ健康保持・増進の取組み状況、結果や施策の管理は、役員が出席する会議で報告を行っています。

Ⅲ.「従業員の健康保持増進」計画

1.今年度のテーマ
(1)従業員の健康の実情を知り、その改善をともに行っていきます。
(2)健康的に労働が行われるように快適職場づくりをします。
(3)職場での生産性を高め、社員の豊かな生活を守り、健康に暮らせる会社づくりをします。
(4)ヘルスケアビジネスを通して社会に貢献します。
2.重点実施事項と対策の実施
(1)重点実施事項 (2)対策、結果
①健康診断結果の分析
②ストレスチェック結果の分析
①産業保健スタッフによる保健指導
 ・協会けんぽと連携し特定保健指導実施率 100%
 ・協会けんぽ、保健師による健康に関する研修実施
 ・協会けんぽ「ご家族にも健診プロジェクト」に参加し、社員のご家族も健康促進、健診費補助金支給
 ・定期健康診断受検率 100%
 ・オプション健診補助金支給
 ・インフルエンザ予防接種補助金支給
 ・ストレスチェック受検率 100%
 ・保健指導の結果、脂質のリスク 7.5%削減、尿酸値のリスク 5%削減
②女性の活躍促進
 ・女性の健康課題への対応
   女性の健康、活躍促進の研修実施
   テーマ「生産性向上に直結するチーム内コミュニケーション(心理的安全性の重要性)」「コーチングセミナー」
 ・愛知県「あいち女性輝きカンパニー」認定取得
  (URL:https://www.nittsusystem.co.jp/company/female-achievement/
③受動喫煙対策
 ・全事業所「敷地内禁煙」を実施し、就業時間内の禁煙を実施
 ・毎月22日は、「スワンスワンの日」とし、禁煙日と定める
 ・喫煙率 25%削減
④「ヘルス×ライフ」システムの導入(HRMデータ、健診データ、ストレスチェックデータ、
 生活ログデータの統合管理、統合分析で生活習慣病予防と改善)
⑤健康ポイント制導入、ウェアラブル端末配布
⑥集団教育(セルフ、ライン、コミュニケーションアップ、役職別、入社時など)
 ・ラインケア研修、セルフケア研修、階層別研修、部門別研修、
  入社時研修、女性社員向け研修 参加率100%
⑦日々の健康相談
⑧緊急時の応急対応
⑨組織・職場環境の改善
 ・セクシャルハラスメント、パワーハラスメントの研修実施 参加率100%
⑩改善状況について
 ・精検受診率について(改善率:140%)
  健診機関から受診勧奨の通知と紹介状を同封し精検受診のハードルを下げた。産業医や保健スタッフからのきめ細やかな
  フォローによって改善した。健診データの分析と継続して個別フォロー等を行い、要精検率向上を図る。
 ・運動機会について(運動機会増加 改善率:62%、1回/週以上運動 改善率:16%)
  ウェアラブル端末支給と健康ポイント制導入により運動する機会が増えた社員が32.2%と増加し、それに伴って改善した。
  ウェアラブル端末支給で、以前より歩くようになった61.7%、意識的に運動するようになった14.8%、眠気を気にする
  ようになった20.9%と社員への意識改革のきっかけとなり、健康促進に繋がっている。
 ・コミュニケーション活動について(コミュニケーションのとりやすさ 改善率:60%、組織の雰囲気 改善率:121%)
  継続して行うことにより、職場や組織の雰囲気が良くなり、業務がスムーズに行えてきている。社員の意見交換の場を
  増やし、コミュニケーション向上に繋げる。
 ・食生活について(食事への気使い 改善率:9%、バランス 改善率:16%、毎日朝食を食べる 改善率:4%)
  管理栄養士の栄養相談や継続的な啓蒙活動により、食生活の改善がみられてきている。今後は、更なる改善をめざし、
  研修や調理実習を行う予定。
 ・睡眠について(改善率:76%)
  ウェアラブル支給により、睡眠の質、睡眠時間の計測を開始した。今後は、更なる改善をめざし、働き方改革を進め
  業務負担やセルフケア研修等で質の高い睡眠が図られるようにしていく。
 ・プレゼンティーイズム(評価100% 改善率:12%、評価80~99% 改善率:8%、評価60%以上 改善率:7%)
  上司面談や部門研修時に社員との意見交換やコミュニケーション活動を通じて、職場の雰囲気や業務環境を改善した。
  またセルフケア研修、ラインケア研修等の各研修を実施したこと、産業医や保健スタッフの面談も行い、社員の体調や
  状況に応じた業務分担等を継続し、更なる向上を図る。
 ・「健康経営」について(改善率:57%)
  当社では、「働き方改革」と「健康経営」を推進しており、様々な施策・活動・評価を行っています。社員からの
  「健康経営」への意見を取り入れ、社員の健康促進、生産性向上、モチベーション向上やヘルスリテラシー向上に
  繋げていく。
③過重労働の現状把握 ①時間外労働の適正化
 ・時間外労働の上司指示、事前申請の徹底
②業務の効率化・軽減(業務運営・分担の改善、IT化など)
 ・事務業務改善施策により、年間244時間/人の工数削減を達成
③有給休暇促進(誕生月有休など)
④離職率 25%改善
④ヘルスリテラシーの向上 ①健康情報の提供
 ・Facebook [ヘルス×ライフ](URL:https://www.facebook.com/Health.LIFE.official/
 ・Facebook [ママケリー](URL:https://www.facebook.com/mamakelly.official/
 ・健康経営.com(URL:http://health-productivity.com/
 ・Sunny Street(保健師便り)の配信

Ⅳ.商標について

 「健康経営R」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。