運輸倉庫業「J社」様 - 導入事例

運輸倉庫業「J社」様 - 導入事例

導入事例

お客様概要

  • «対象拠点»:18拠点
  • «対象人数»:2,600名(正社員1,000名、パート・アルバイト1,600名)

導入背景

  • 各拠点が、紙タイムカードおよび、小規模拠点は、勤怠表を利用して、月末集計後、本部管理者が収集し、給与システムの受入を行っていたため、拠点・本部管理者共に膨大な工数がかかっていた。
  • リアルタイムに勤務状況を確認できないため、適正なパート・アルバイト社員の人員配置が行えておらず、リアルタイム性を求めていた。
  • また、出勤日数により、各種賃金手当て(交通費など)の支給があり、日々各個人の手当て計算の自動化を検討していた。

導入効果

  • システム化により、非接触ICカード(Mifare)でのタイムレコーダを採用し、スムーズな打刻を行えるようになった。また、ICカードは使いまわしも可能であり、毎月のタイムカード発行の手間と経費削減に繋がった。
  • Web環境を利用し、リアルタイムでの勤務実績確認が可能となり、予実績管理をすることにより、各拠点管理者が正確でスピーディな人員配置(スケジュール)が可能となった。
  • 勤次郎の任意集計項目に出勤手当て(交通費手当てなど)を入力することにより、自動計算し、管理工数削減に至った。
  • データ一元化により、日によって出勤場所の異なる運転手の管理を自動集計し、本部管理者の工数削減に至った。

製品構成図

製品構成図