経済産業省より平成29年度健康経営度調査を実施が発表 | 「勤次郎」にすべてお任せ – 労務・就業・勤怠管理システムの日通システム株式会社

経済産業省より平成29年度健康経営度調査を実施が発表

  • 就労トピックス

 「健康経営銘柄2018」「健康経営優良法人(大規模法人部門)2018」の選定に向けた平成29年度健康経営度調査を実施が発表されました。
経済産業省は、昨年度に引き続き、東京証券取引所と共同で、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、
戦略的に取り組む上場企業を、原則1業種1社「健康経営銘柄2018」として選定します。

 また、日本健康会議と共同で、上場企業に限らず大規模法人のうち保険者と連携して
優良な健康経営を実践している法人について、「健康経営優良法人(大規模法人部門)2018(通称ホワイト500)」
として認定します。 これに先立ち、9月7日に、法人の健康経営の取組状況と経年での変化を把握・分析することを
目的として「平成29年度健康経営度調査」を発送・公開いたします。
本調査の結果は、「健康経営銘柄2018」の選定や「健康経営優良法人(大規模法人部門)2018」の認定に
活用されるほか、全回答法人に評価結果サマリーを送付します。

経済産業省:http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/kenkoukeiei_yuryouhouzin.html

 大規模法人企業では健康経営優良法人の選定の為には健康経営度調査を行う必要がございます。
回答期限が10月6日までとなっており迫っておりますので、お早めにご対応をください。

 本制度の認定により、①リクルート市場での評価上昇・優秀な人財獲得、②関係企業や金融機関からの低金利融資、
③公共調達時での 高い入札評価等のメリットや、健康経営の「見える化」が業績・企業価値の向上、ひいては株価向上に繋がると期待されております。

 本制度の認定を以下の通り弊社のシステムでご支援いたします。


▼スピーディな就労時間の把握から生産性分析、戦略的人材マネジメントを実現する
勤次郎Enterprise「就業ソリューション(就業管理システム)」リンク のご案内


▼心・体・仕事の情報からストレス/健康リスクを見える化し、
「働き方改革」「健康経営」の推進を実現する 勤次郎Enterprise「ヘルス×ライフ」リンク のご案内